2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家公安委員会とは

国会公安委員会とはどんな仕事をするのか。
国家公安委員会の公式ホームページから一部を見てみる。


まず制度の概要だ。

「(1)国家公安委員会制度
国家公安委員会は、国務大臣である委員長と5人の委員の計6人で構成される合議制の行政委員会です。この制度は、戦後新たに導入されたもので、 国民の良識を代表する者が警察を管理することにより、警察行政の民主的管理と政治的中立性の確保を図ろうとするものです。」

→警察を管理するのが、国家公安委員会であり、「国民の良識」を代表するとある。
つまり今回の人事で言えば、、その国民の良識の代表たる委員の委員長として岡崎氏が任命されたということだ。
さらに、警察行政の「民主的管理」と「政治的中立性」の確保とある。
もともと社会党であり、ある意味で、左派の王道をずっと歩んできた岡崎氏に、政治的中立性がないことは明らかだ。

そして肝心の任務内容だが、

「(3)国家公安委員会の任務と権限
___任務___
我が国では、犯罪の捜査や交通の取り締まりなどの仕事は都道府県警察が行い、国の警察機関(国家公安委員会・警察庁)は、警察の仕事のうち
1) 国全体の安全に関係するものや、国が自らの判断と責任において行うべきもの
2) 警察官の教育制度や、警察の通信、統計など、国において統一的に行うことが能率的であるもの
3) 広域にわたる事件など国において調整を行う必要があるもの
を担当しています。
 国家公安委員会は、こうした任務を達成するため、警察制度の企画立案や予算、国の公安に関係する事案、警察官の教育、警察行政に関する調整などの事務について、警察庁を管理しています。」

→つまり警察庁を担当し、管理するという。その内容として予算を握り、警察官の教育まで及ぶことを考えれば、その権力は絶大だ。
日本大使館に向けて拳を振り上げているぐらいならまだある意味で我々は安全だったかもしれないが、今度は警察権力を握り、国家そのもの安全を脅かす存在に自ら君臨する可能性も出てきている。
国を思う良質な読者の皆様や保守派人材に対する「弾圧」が「合法的に」行われる時代が本格到来と言える。
つまり、岡崎氏の辞任を求めることは、とりもなおさず、我々が同胞日本人を守り、日本そのものを守るためと言っても過言ではない。



スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

yocchi-mura

Author:yocchi-mura
反日政治家・岡崎トミ子氏の国家公安委員長就任は絶対に許せない。即刻辞任・辞職すべき。そして宮城県民よ、岡崎トミ子を二度と国政に送ってはいけない!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。